冷え性改善に効果的:足裏日光浴を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性改善に効果的:足裏日光浴を解説


足裏日光浴について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な様々な方法」

について説明しています。

つらい冷え性に1日5分間の「足裏日光浴」


 

   冷え性は足先などの抹消血管が収縮し、血液の流れが悪くなったために起こります。ひどい人になると、手足や腰がまるで氷を押し当てられているように冷えて、床に入ってもなかなか寝付けないという人も少なくありません。

 このような症状は、足の裏に
太陽光線を当てる日光浴を行なうことで、ずいぶん楽になります。


 

  日光浴に効果があるのは、一つには紫外線の働きによるところが大きいと思われます。

 紫外線には殺菌作用や体内でのビタミンDの生成を促す作用が知られていますが、ここで注目したいのは紫外線による新陳代謝の促進です。

 足の裏を日光に当てれば、足の裏の新陳代謝が促されることになります。


 

 足の裏の新陳代謝が活発になるということは、足の裏の血行も盛んになるということです。

 このように抹消血管の血行がよくなると身体全体の血行もよくなり、身体中があたたかくなるのです。また、足の裏の土踏まずには「湧泉(ゆうせん)」というツボがあります。


 

 東洋医学では、冷え性は「先天の気(持って生まれた生命力のこと)」が衰えた状態であると考えます。

 この「先天の気」を高める作用があるのが「湧泉」で、このツボを紫外線で刺激してやることで「先天の気」がよみがえり、冷え性も改善されると考えられているのです。


 

 冷え性によいのは紫外線だけではありません。太陽光線中の赤外線も、冷え性の改善にたいへん役立ちます。


 赤外線は温熱効果のある光線で、日向ぼっこがポカポカとあたたかく気持ちいいのは、この赤外線のおかげなのです。そのため、足の裏を日光に当てれば、赤外線の作用で冷たい足もあたたまりやすくなります。



 

「足裏日光浴」のやり方


 

 足の裏の日光浴は長いすなどに寝そべり、足先を少し高くして、足の裏をよく日に当てるようにします。


時間は5〜10分が目安ですが、その都度ご自分で調整してください。足の裏がポーっとあたたまったなという感じになれば十分です。





関連ページ

冷え性対策に効果的:扇風機を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.