冷え性は女性になぜ多いのか?を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性は女性になぜ多いのか?を解説


冷え性は女性になぜ多いのか?


こちらのページでは

「冷え性は女性になぜ多いのか?」

ということについて説明しています。

女性になぜ多いのか?



◆女性ホルモンのバランスの乱れ



 「冷え性」の大きな原因の一つ、自律神経の乱れ機能低下は、女性ホルモンのバランスの乱れが理由の一つです。

 
特に女性ホルモンが乱れる時期は、「妊娠」時と「更年期」時です。この時期が原因で冷え性になる事がよくあります。また身体に無理なダイエットは、月経不順を招くと共に、「冷え性」を併発する危険性がありますので注意してください。

 


 

◆衣服の関係


 

  男性は割とゆったりとした服を着る事が多いと思いますが、最近の流行もあり、女性は身体にピッタリとした服を着る傾向にあります。

 このようなピッタリとした服は、身体を締め付け、血液の流れを悪くする作用があります。

 また、ミニスカートなどの薄着ファッションが身体を急激に冷やしてしまう為、冷え性が発生しやすいという訳です。

 


 

◆血圧(低血圧)の問題


 

  これも大きくダイエットに関わってくる事ですが、低血圧の方、もしくは低血圧になりつつある方は、血液を運ぶ力が他の人よりありません。という事は通常の方よりも体力が落ちてしまうという事です。

 またダイエットのせいで、栄養不足になったり、貧血を起こしたりする方もいます。貧血は体内の血液が足らない信号です。なので、きちんとした食事療法のダイエットが必要だと言えます。




◆へそだしの服装



 下腹部のあたりには、生殖器などから排出された老廃物を処理するため、人体の全血液の1/3にあたる量がめぐっている、重要な場所なのです。

 しかし、若い女性はおへそを出す服装などをするために、非常に下腹部が冷えやすくなっています。そうすると、体内の1/3の血液が腰に留まることになるので、身体全体の血液循環が
滞って、冷えを引き起こす大きな原因となるのです。


◆体脂肪が多い



 女性の身体は男性に比べると、様々な要因のため体脂肪が多くなっています。

 脂肪は冷えを溜め込みやすい特徴があるので、女性は男性に比べると冷えやすいのです。





関連ページ

冷え性とは何か?を解説
冷え性の原因は?を解説
冷え性の症状を解説
冷え性の種類を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

 
リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.