冷え性改善に効果的:サプリを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性改善に効果的:サプリを解説


各種ビタミンサプリについて


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な食事」

について説明しています。


冷え性に効果のある「各種ビタミン」について

 


 

◆ビタミンE


 

 冷え性の原因の一つは、「冷たいと感じる部位の毛細血管が収縮したまま、血液循環がうまくいかなくなって起こるため」といわれています。そして、この毛細血管の収縮は自律神経のバランスの乱れが原因であると考えられています。


 

 毛細血管は自律神経のうち、交感神経が優位になると収縮し、副交感神経が優位になると拡張する仕組みになっています。この二つの神経のバランスが乱れて毛細血管が収縮したままの状態になると、冷えが起きてくるわけです。


 

 ビタミンEには抹消神経を拡張させて血液の流れをよくする働きがありますから、ビタミンEを日頃から十分に摂っていれば、多少の自律神経の失調が起きても、冷え性が起きにくくなります。


 

 ビタミンEをよく含んでいる食べ物には「いわし」「かぼちゃ」「ほうれん草」「たらこ」などがあります。油と一緒に摂取すると吸収率が良くなるのが大きな特徴です。


 

 

◆ビタミンB1


 

 糖質を燃やし身体を動かすエネルギーを生み、体熱を効果的に生み出すビタミンです。

 ビタミンB
1は「豚肉」「マグロ」「卵」「ゴマ」「ほうれん草」「レバー」「イワシ」「焼き海苔」等に含まれています。

 
ニンニクやニラなどと一緒に摂取すると、「アリシン」という成分が、ビタミンB1の吸収を手助けしてくれます。


 

 

◆鉄分


 

 鉄分は、体内の体温を下げることを防ぎます。また血液中のヘモグロビンの成分でもある為、身体中に酸素を送り、貧血や体力不足から身体を救います。

 女性に貧血が多いのは、月経などによる生理現象の為、この鉄分が不足してしまうからです。鉄分が不足すれば酸素を運ぶ力がなくなり、体力不足や冷え性の原因になります。

 鉄分を多く含む食材は「レバー」「イワシ」「ほうれん草」「カキ」「のり」「豆腐」などです。
お茶や紅茶は鉄の吸収を妨げる効果があるので、食事をとる際は気を付けてください。




関連ページ

冷え性改善に効果的:陽性の食べ物を解説
体を温める食べ物:ネギのみそ汁を解説
冷え性改善の食べ物:香辛料を解説
冷え性改善に効果的:飲み物を解説
身体を冷やす:陰性の食べ物を解説
身体を冷やす食べ物:甘いものを解説
身体が冷える食べ物:季節はずれを解説
冷え性改善に効果的:食事を解説
冷え性改善に効果的:レシピを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

 
リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.