冷え性に効果的な下着:ショーツを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性に効果的な下着:ショーツを解説


ショーツの重ね履きについて


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的なショーツの履き方」

について説明しています。

「ショーツの重ね履き」


 

 東洋医学ではよく「仙骨を冷やすな」といいます。仙骨とは脊柱の下端部で、骨盤の後盤を作っている骨です。この骨が冷えると子宮や腸などをガードしている腸骨までが冷え、さらに子宮や卵巣までもが冷えてしまい、その結果、自律神経の働きが乱れたりホルモンのバランスがくずれたりします。



 しかも、
下腹部のあたりには、生殖器などから排出された老廃物を処理するため、人体の全血液の1/3にあたる量がめぐっており、この部分が冷えると下半身の血流が滞って、冷えを引き起こす大きな原因となります。ですから、Tバックやハイレグカットなど、露出部分の多いタイプのものは極力避けるべきなのです。


 

 

 冷え性の方は、下腹部や臀部をすっぽりと包み込むような大きめのショーツを履き、その上にパンティーストッキング、さらにロングスカートで冷たい空気をシャットアウトするのがおすすめです。


 もしミニスカートを止められないというのであれば、ショーツの重ね履きをおすすめします。普通のショーツを2枚重ねて履くだけのことですが、これだけでもだいぶ楽になるはずです。


 

 布地は通気性がよく、保温性も高い綿素材が最適です。これならば、重ね履きをしても蒸れることはありません。また、冬場はそのほうが毛糸のパンツを履くより暖かいはずです。化学繊維は通気性がよくないので、避けたほうがいいでしょう。



 

 もう一つ気をつけたいのは、きついショーツは避けるということです。



お腹を冷やさないために、ガードルをつける方がいますが、ウエストや、すそのゴムがきつすぎると、大腿部の付け根を走っている大腿動脈や鼠径リンパ節を圧迫して、下半身の血液循環を阻害し、逆に冷えがひどくなることになりかねません。


 ショーツを重ね履きするときは、ややゆるめで少し大きめのものを選ぶことが、冷えを防ぐためのポイントと言えるでしょう。





関連ページ

冷え性に効果的な靴下:5本指ソックスを解説
冷え性に効果的なファッション:腹巻きを解説
冷え性に効果的な靴下:レッグウォーマーを解説
冷え性に効果的なファッション:マフラーを解説
冷え性に効果的なブーツ:サマーブーツを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.