冷え性対策に効果的:扇風機を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性対策に効果的:扇風機を解説


扇風機について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な様々な方法」

について説明しています。

足元にたまりやすい冷え性の天敵であるクーラーの冷気には「扇風機」

 

 東洋医学では、特に冷房に弱いタイプの冷え性の人を「寒湿阻帯証(かんしつそたいしょう)」という体質に分類します。



 ウィルスのように外部から人体に侵入して病気を引き起こす侵入者を「邪気」といい、そのうち寒さに関係したものを「寒邪(かんじゃ)」と呼びますが、寒邪はクーラーによっても人体に侵入します。

 とりわけ「寒湿阻帯証(かんしつそたいしょう)」の人は、クーラーによる寒邪の侵入を受けやすいのです。


 

 本来、東洋医学では「冷え性は夏に治せ」といいます。これは、夏になって気温が上がると身体をあたためる「陽気(エネルギー)」も大気中で上昇し、冬よりも効率よく体内に陽気を充電できるからです。



 ところが、「寒湿阻帯証(かんしつそたいしょう)」の人はもともと体内の「陽気」が不足気味のうえに、クーラーによる寒邪に侵入されやすいので、へたをすると夏に冷え性を治すどころか、ますます悪化させてしまうことにもなりかねません。

 したがって夏は特に注意が必要となるのです。


 

 では、クーラーの寒邪から身を守るにはどうしたらいいのか?

 
 最も基本的なことは、下半身を冷やさないようにすることです。ミニスカートやショートパンツなどはやめて、ロングスカートまたはロングパンツで素肌をさらさないようにします。若い女性に多い、サンダル履きのスタイルは止めたほうがいいでしょう。



 クーラーの設定温度は外気温との差が5〜6℃におさまるようにしてください。外気との温度差が大きいと、体温調節が上手く出来なくなります。


 

 また、クーラーを使うときは、扇風機の併用がおすすめです。冷たい空気は足元に溜まりやすいので、扇風機を少し高めのところに置いて、床に向かって回すのがポイントです。

 こうすれば、冷たい空気が上方に吹き上げられて、あたたかい空気と冷たい空気がほどよく混ざり合います。


 

 蒸し暑い夜にはクーラーをつけっぱなしで寝たくなりますが、就寝中は邪気の侵入を許しやすいので、1〜2時間で切れるようにタイマーをセットし、設定温度も高めの27〜28度ぐらいにしてください。



 

 首や肩は冷えやすいので、タオルを巻いたりして肩を覆って寝ると、少し楽になるでしょう。




関連ページ

冷え性改善に効果的:足裏日光浴を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.