冷え性に効果的な入浴剤:塩風呂を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性に効果的な入浴剤:塩風呂を解説


塩風呂について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な塩風呂」

について説明しています。

冷え性だけでなく神経痛にも効果的な「塩風呂」


 

 「塩の入ったお風呂なんて、なじみがない」とお思いになる方もいるかもしれませんが、日本の温泉の中で一番多いのは「食塩泉」なので、誰でも一度や二度は入られた経験があるはずです。


 

 温泉のない海岸沿いの地域では、昔はよく海の水を汲んできては沸かして入浴していました。特に山間部にすむ人たちは波を怖がって、海水浴のかわりに海の水を沸かした塩風呂に入っていました。


 

 このように古くからあった塩湯治ですが、家庭でもごく簡単にできます。



 もちろん、海水や食塩泉には塩以外にも様々な成分が含まれていますので、全く同じというわけにはいきませんが、塩を入れるだけでもお湯が柔らかくなって、気持ち良く入浴できますし、身体をポカポカにあたためるという塩風呂の一番の効能を手軽に利用できます。


 もともと温泉の中でも、食塩泉は「ぬくもりの湯」「熱の湯」と言われてきたほど、入浴後の温かさが長い時間消えないのです。


 

 頑固な冷え性に悩んでいる方は、塩風呂で温まったあと、すぐに布団に入るようにすれば、冷えて眠れないということはなくなるでしょう。


 また、神経痛でお悩みの方も、痛みは冷えることによって増しますから、塩風呂に入れば痛みを和らげることにつながります。


 

 塩風呂が温かさを持続する理由は、入浴後に肌に残る塩のためです。塩が残っていると汗が蒸発しにくくなり、保温効果が得られるのです。ですから、肌が特に弱い人でなければ、お風呂から上がるとき、シャワーなどで身体を流したりしないことが保温効果を持続させるコツです。



 

塩風呂の作り方


 
 
家庭で塩風呂をする場合、一般的な家庭の浴槽であれば、200g〜1kg程度を溶かします。使用する塩は、「あら塩」が理想的です。


 
 
なお、塩風呂を楽しむ際に注意していただきたいのは、毎日のように入りますと風呂釜を早く駄目にしてしまう恐れがあるということです。



 また、
塩風呂に入ったあとは、湯船をよく洗って塩分をキレイに流すことを忘れないでください。





関連ページ

冷え性に効果的な漢方薬湯を解説
冷え性に効果的な入浴剤:ドクダミ湯を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:足の裏を解説
冷え性に効果的な入浴の仕方を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:野球ボール療法を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:塩塗り療法を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.