冷え性に効果的なお風呂の入り方:塩塗り療法を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性に効果的なお風呂の入り方:塩塗り療法を解説


塩塗り療法について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な入浴方法」

について説明しています。

自律神経の働きをととのえ、全身の血行を良くする「塩ぬり療法」


 

 塩は身体に不可欠な成分の一つですが、外用としても身体に良いことは広く知られ、塩を用いた民間療法が古今東西を問わず数多くみられます。


 のどが痛いときに塩水でうがいをしたり、かぶれを塩水で消毒したり、歯肉炎や歯槽膿漏の予防に塩で歯茎をマッサージしたりと、昔から人間は塩を健康の維持・増進に役立ててきました。


 

 

塩ぬり療法のやり方


 

 入浴して十分にあたたまった身体に塩をぬり、そのまま数分おいて、あとはシャワーやかけ湯で塩を洗い流すだけというきわめて簡単なものです。

 

塩はにがり(ミネラル)が豊富に含まれている自然塩を用います。1箇所に使う塩の量は約2g。料理用の計量スプーンの小さじすりきり一杯くらいです。塩の量を増やしたからといって効果が高まるものでもありません。


 

 入浴して、普段のようにせっけんで身体を洗い、湯船に浸かって十分に身体が温まったところで洗いイスに座って、身体が濡れたままの状態で塩を塗るのがポイントです。せっかく塗った塩も水にとけたイオン化しないと効果が半減してしまいます。


 

塗る箇所は、まず足の甲と足の裏に塗ってください。そのとき、足の指の間の水かきの部分にもよく塩を塗ると、生命エネルギーの通り道である「経絡」の末端を刺激することになり、より効果が高まります。


 

 さらに、下腹部の腹直筋にも塩を塗ります。腹直筋はちょうど子宮や膀胱のあたりにありますが、この部分に塩を塗ることでほぼ身体中の血液循環がよくなるため、抹消血管にもスムーズに血液が流れ込むようになり、冷え性が改善されていくのです。


 また、下腹部には婦人病によく効くツボが集中しているので、その面からも冷え性を改善してくれるという相乗効果が期待できます。


 

 以上の部位には必ず塩を塗るようにしますが、慣れてきたら腰、背中、おしりなど、自分が冷えを感じる部分に直接塗ってみてください。

 





関連ページ

冷え性に効果的な漢方薬湯を解説
冷え性に効果的な入浴剤:塩風呂を解説
冷え性に効果的な入浴剤:ドクダミ湯を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:足の裏を解説
冷え性に効果的な入浴の仕方を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:野球ボール療法を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.