冷え性改善に効果的:飲み物を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性改善に効果的:飲み物を解説


熱い烏龍茶について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な飲み物」

について説明しています。

ティータイムには「熱い烏龍茶」


 

 お茶を飲んでホッとひと息つくとき、あなたは緑茶党でしょうか?



 緑茶を飲むのももちろん結構ですが、冷え性に悩んでいる方は緑茶のかわりに「熱い烏龍茶」を飲むことをおすすめします。なぜなら烏龍茶には身体を温める作用があるからです。


 

 東洋医学では昔からお茶を「温性(身体を温める性質)」のものと「涼性(身体を冷やす性質)」のものに分けています。烏龍茶や紅茶は「温性」に属し緑茶は「涼性」に属します。


 したがって、
身体の冷える人は烏龍茶や紅茶を飲むと身体があたたまりますし、反対に、熱のある人は緑茶を飲むと熱が下がると言われています。


 

東洋医学では、烏龍茶の中でも「水仙」という銘柄が特に温性が強いと言われています。幸い「水仙」は日本にも多く輸入されていますし、味も「香りがよくてクセがない」と高評価です。



 また、貧血があるとどうしても身体が冷えやすくなりますが、烏龍茶のなかでも「鉄観音」は鉄分の含有量が多く、貧血気味で冷え性の人にはおすすめです。


 

 烏龍茶の入れ方に細かい作法はありませんが、香りを生かして美味しくいただくためのコツを以下に述べておきます。


 

 

冷え性改善の飲み物・烏龍茶の選び方


 

 まず、茶葉の選び方ですが、色が真っ黒で、よくねじれていて、引き締まった形のものが良質のものです。

 また、茎が少なく、葉が多いものほど高級品であるとされています。


 

 

冷え性改善の飲み物・烏龍茶の入れ方


 

 次に入れ方ですが、茶葉は日本茶よりも多めにし、グラグラの熱湯を茶葉が浸るくらいまでいれ、20秒ほどおいて、一煎目は捨ててください。これはお茶を作る過程で付着した様々な匂いを洗い流すためです。

 あらためて、口いっぱいになるまできゅうすに熱湯を注ぎ、4〜5分おいて、よく煎出してから湯飲みに注ぎます。5〜6煎目ぐらいまでは、美味しくいただけるはずです。


 

 なお、冷え性の方は必ず「熱い烏龍茶」を飲むことが身体を温めるコツです。冷やして飲んだのでは効果は期待できませんので、気をつけてください。





関連ページ

冷え性改善に効果的:陽性の食べ物を解説
体を温める食べ物:ネギのみそ汁を解説
冷え性改善に効果的:サプリを解説
冷え性改善の食べ物:香辛料を解説
身体を冷やす:陰性の食べ物を解説
身体を冷やす食べ物:甘いものを解説
身体が冷える食べ物:季節はずれを解説
冷え性改善に効果的:食事を解説
冷え性改善に効果的:レシピを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

 
リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.